EDH(特別指名打者)ルール

※採用の可否はチームの自由です。

1) EDHの打順は、1番から10番までの間自由に選べる。(攻撃のみの選手)

2) EDHの選手に代打、代走を送ることができる。

3) EDHの選手も途中から守備につくことができる。
  その時打順は変わらず攻撃にも参加できる選手となる。

4) EDHの選手が守備についている選手と交代して守備についたら、
   守備についた選手は攻撃のみのEDHになるか、
   控えの選手がEDHの選手として出場する。
   但し、打順は変わらない。

5) 一度守備についた選手が攻撃のみのEDHになると、
   それ以後、守備には戻れない。

6) 試合開始前にEDHを採用しなければならない。
   尚、試合の途中からEDHの採用はできない。